動物取扱業(保管)

登録番号 82-320号

登録年月日 平成30年7月3日

登録有効期限 平成35年7月2日

© 2018 こむハウス  Wix.comで作成されました。

  • グレーInstagramのアイコン
 

こむハウスについて

こむハウスって?

こむハウスは、わんちゃんと飼い主様の『安心♡』『笑顔」を大切に考えるドッグサロンです。

アニマルコミュニケーションを取り入れた「トリミング」、社会経験を育む「Day care(日中預かり)」。

 

飼い主様とわんちゃんの心のケアとしてアニマルヒーリング」も取り入れたサロンです。 
 

特にトリミングでは、わんちゃんの心の状態に重きを置いて施術させていただきます。 


お預かり当日は必ずお部屋と私の匂いをたっぷり嗅いでもらい、安心出来た状態から必ずスタートします。 
人間と同じで初めての場所・久しぶりに来る場所が安全で楽しい場所かどうかを確認させてあげる事は、とても重要と考えます。

また、トリミングは会話しながらその子が受け入れやすい状態で施術を進めます。 


こむハウスでは来店回数が増える事と並行してその子の状態が良くなる事がほとんどです。カットが全く出来なかった子も少しずつ状態が良くなり、最後はお昼寝しながらカットが出来る様になった子もいます。 
もちろん笑顔で来てくれる子も増えました。(どうぞギャラリー(Instagram)でお写真をご覧ください)


サロンに行くのが不安なわんちゃん。 
わんちゃんの心を大切にしたいという飼い主様。 
わんちゃんの笑顔が大好きという飼い主様。

是非、ご来店お待ちしています♪

 

初めての方へ

こむハウスの3つのサービス「トリミング」「デイケア」「アニマルヒーリング」についてご紹介します。
トリミングとデイケアは、初回にカウンセリングをお願いしております。
(初回カウンセリングについてはこちら

 

トリミングについて

滞在型(ゆっくりとお預かり時間をいただき、休みながらのトリミング)を推奨させていただいています。

落ち着いてトリミングが出来る様に、ご家族ごとに入れ替え制。

プライベート空間でトリミングを行います。

また、わんちゃんの心の状態に重きを置いて無理をさせない施術
アニマルコミュニケーションを含んでの施術となります。

トリミングをご利用のお客様の滞在料は無料となります。
また、初めてご利用のお客様はカウンセリングをお願いしています。

 

Day care「HYUGGE」について

こむハウスを第二の我が家として過ごしてもらいたいと思い、

Day care「HYUGGE(ヒュッゲ)」をご用意させていただきました。

こんなワンちゃんと飼い主さんにオススメです。

・お留守番が苦手

・社会性を育みたい

・友達と遊んで運動不足解消

・トリミングに笑顔で行って欲しい

他の子と過ごしたり、飼い主さん以外の人とコミュニケーションをとり楽しい経験を積む事は、ワンちゃんにとってとても大きな経験となり自信となります。色々な経験と体験を合わせ、その子を育むお手伝いをさせてください。

 

アニマルヒーリングについて

こむハウスではアニマルコミュニケーションとヒーリングの施術も行っています。

一緒に暮らしているペットから、お空に旅立った子まで幅広く対応させていただいています。

「ペットの気持ちを知りたい」「問題行動解決へのヒントが欲しい」「体の事を聞きたい」

そんな飼い主様におすすめです。

大切なプライバシーは必ずお守りしますので、ご安心ください。

 

セッションを体験されたお客様より、感想を頂戴しております。

詳しくはこちらから。

 

サロンマスターについて

野方 沙織(のがた・さおり)(Dog groomer/アニマルコンダクター)

小さい頃の私は、草木と話す事が当たり前。

大好きだったトカゲの居場所も木に聞いて見つけていました(笑)。

友達と遊んでいても、遠くにあるドブに落ち助けを求めるスズメの声が聞こえたり。鳥が飼いたくて木の生い茂った公園で歌を歌っていたら、ヒナが頭の上から落ちてきた事も!!

冬の畑で生き物の感覚をキャッチして土の塊を退けたら冬眠中のザリガニ発見☆生き物を見つけるのがとにかく早い!!とよく周りから驚かれていました。

自然や動物達とのコミニケーションは私にとって自然な事でしたが、コミニケーション通して沢山の癒しと共に過ごした幼少期でした。

小学校に入り、授業の一環で育てたミニトマト。

毎朝、学校に着くとトマトのところへ走っていき朝の挨拶とお話しをしながらお水をあげていました。トマトは当時食べられなかったのですが、可愛くて愛おしくて大切だったトマトの木。通常の何倍も大きく育ちました。

夏休み前、先生が私のトマトをみんなの前に持っていき、「特別な何かでもあげていたんじゃないか??」と言われクラス中に笑われた私とトマト。

先生の事は大好きでしたが、シャイな性格だった私にはとてもショックで「二度とこの力は使わない」と悲しみとともに決意してしまった事を覚えています。

そのまま成長と共に薄れていった自然と会話する感覚は2009年。

友人の勧めでシータヒーリング®の勉強を始めた事をきっかけに感覚が戻ります。

〈その後の経歴〉

2009年。シータヒーリング® プラクティショナー取得。

2015年。愛犬達の問題行動とぶつかりロサンゼルスに拠点を置くDOGGIES911のアカデミーへ参加。

犬の心理行動~問題行動へのアプローチ方法の「基礎」を学ぶ。

2016年日本ペットスクールへ入学・卒業。

しかし、トリマーとして働き始め気が付くと犬達からの苦痛が伝わってくる事が多々あり、「なぜ自分がトリマーになったのか?」自問自答する日々が続きました。その時、トリマーは優しさを通じて人や犬と向き合い沢山の事を伝える事が出来る。とても大きな可能性のある素晴らしい仕事だいう事を洋光台にある〈日本一優しいトリミングサロン〉「ラルフランド」店主の仲田謙一さんという方に教えていただきました。

2018年。仲田謙一さん主催の「ラルフ塾犬に優しいグルーミング~犬に優しいことのブランティング」を学び卒業しています。

私にとって謙さんからの学びは本当に大きなきっかけで、その時から「天職」としてのトリマーの道が始まりました。

現在は自分のアニマルコンダクターとしての感覚をトリミングでも活かし、笑顔あふれるサロン作り。アニマルコミュニケーションとヒーリングのセッションにも力を入れています。

こむハウスが笑顔と癒しの発信源になる!

これが今の私の目標です。

サロンに来てくれる犬に笑顔を届けたい。

笑顔の連鎖で素敵な犬ライフを送る飼い主さんを増やしたい。

こむハウスの活動が地域貢献・社会貢献につながっていくと信じています。

お会い出来る日を楽しみにしています。